「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:辻村麻乃著書( 1 )

句集

辻村麻乃第一句集『プールの底』

f0141371_8363883.jpg

プールの底十句抄
   摘むうちに少女消えゆく蛇苺  
   音もなくプールの底の青さかな 
   はしやぐ子らメロンの息のおしやべりして
   足元に子を絡ませて髪洗ふ 
   日を受くる形で咲けり曼珠沙華 
   壁と床交はる所秋夕焼 
   長き夜が暗くて深い穴となる 
   一輪をきちつと咲きし桔梗かな
   黒ブーツ黒ブーツ姉妹帰宅せり 
   をかしくてをかしくて風船は無理

 子育て真っ最中の母親として、子供をすこやかに、かがやかに詠んでいる、その感性の輝きをうらやましく思った。そして、表現が日常語でありながら、日常を越えて新しい世界に飛び立とうとしている言葉たちを上手に使っている新鮮さを覚えた。 茨木和生(「序」より)

 プールの底では、人は何も聞こえず、光は上ら差し込んでくるだけだ。私は、まるでプールの底にいるような心地で、句を掴もうとしている最中なのである。 作者あとがきより

2006年角川書店
[PR]
by owl1023 | 2007-07-06 23:25 | 辻村麻乃著書