カテゴリ:宮城雅子著書( 1 )

句集

宮城雅子第一句集『薔薇園』   文学の森社刊

f0141371_9395952.jpg

  
 















『薔薇園』収録作品より

  老人の日の車座の中にあり
  東をどりの妓がタクシーへ手を振りぬ
  薔薇園のベンチに数学解く乙女
  白磁壷どこも正面秋桜
  本堂の暗きに慣れて汗拭ふ
  望遠レンズ互に覗く冬帽子
  満席の五月の空の観覧車
  人影の動くに揺るる冬牡丹
  人の目を恋うて近づく神の鹿
  水底の浅蜊鳴き出す日暮時



跋  「樹の会」の仲間たち       岩淵喜代子 
 
 宮城雅子さんのことを語るには、私と一緒に参加していた「樹の会」の紹介が一番手っ取り早いのである。ことに、そこで作ったアンソロジーに記したあとがきが、会のありようを伝えているので、全文を引くことにした。
 
 「樹の会」は不思議な集まりである。会が存続すれば湧いてくるはずのざわめきがない。会が続けば当然起こるはずの馴れ合いが生まれない。
何んとも静かな集まりである。
 ひたすら原裕先生のご指導に耳を傾ける場であった。
 しかし、その静かさも、十年の歳月を重ねてきたということになれば、ただの静かさではない。その証拠に、いつ誰がともなく十年の折目をつけたいという意見が結集して、このようなアンソロジーが生まれることになった。      
  (1992年7月「樹の会」あとがきより岩淵喜代子)

 アンソロジーといっても、会員の句を三六五日の暦に編集したもので、今見直してみてもユニークな企画だった。
 宮城さんもみんなと同じように、黙々と会場に現れ、終ればまた深々と頭を下げて会場を出て行く月日を重ねていた。会は十周年のあとも続いていた。しかし、原先生の体調が思わしくなくなって、わたしたちのほうでご来駕を危ぶんでいたが、辞めるとはおっしゃらなかった。だが、その後さらに病状が進んで会は解散せざるを得なかった。
 宮城さんはそれを機に鹿火屋会をも遠ざかって、音信も絶えていた。それが今年の夏、突然、そのときの原先生の目を通してくださった作品を纏めたいという意を伝えてきた。  そして、その句集をばねにして「ににん」で俳句を作っていきたいという意思を述べられた。

  老人の日の車座の中にあり
  東をどりの妓がタクシーへ手を振るぬ
  薔薇園のベンチに数学解く乙女
  本堂の暗きに慣れて汗拭ふ
  望遠レンズ互に覗く冬帽子
  満席の五月の空の観覧車
  人影の動くに揺るる冬牡丹
  登り口いくつもありて山法師
  人の目を恋うて近づく神の鹿
  水底の浅州鳴き出す日暮時
  サングラスに映る街並み異国めく


 これらはすべて原裕先生の選を受けた俳句である。先生の真撃な生き方を学んだ一集である。                             
                                   
                                    平成十六年十月吉日


(平成16年12月18日発行・株式会社文學の森・句集『薔薇園』宮城雅子)
[PR]
by owl1023 | 2007-07-06 17:41 | 宮城雅子著書