共著

100人20句     巴書林  平成13年8月30日 第一刷

f0141371_1784581.jpg

新しさを追うあまりに、俳句の土台を見失うことがないようにしたい。 
 f0141371_17584899.jpg













収録句(岩淵喜代子)
滲み出てくる鶏頭の中の闇         『朝の椅子』
まんさくは鬼の振向いてゆきし花
月山の木の葉かぞへて寝ねんとす
冷まじや一人をかくす寺柱

蝙蝠やうしろの正面おもひだす       『螢袋に灯をともす』
逢ひたくて螢袋に灯をともす
端居して帰りゆ処のなきごとし
空腹や海月はゆらす身のすみずみ
噴水の虹は手に取る近さなる
ポンペイの蜥蜴はいつも濡れてゐる
身ほとりに鳴子の縄をめぐらしぬ
空也忌の闇が動いてくるやうな
初刷に発車のベルの火のごとし
朝日にも夕日にも山笑ひけり
あつあつの目刺のどこを齧ろうか
にはとりは春の嵐の下くぐる
春深し鳥に背筋のあることも
大空の端は使はず揚雲雀
カステラと聖書の厚み春深し
少しづつ暮れてくれきる桃の花
[PR]
by owl1023 | 2007-07-06 00:49 | 岩淵喜代子著書


<< 句集 句集 >>